汎用パーツ類の製造に向いている射出成形の技法

射出成形という樹脂材を材料にして物作りを行う技術がありますが、樹脂製品であれば複雑な形状でも問題なく作ることができます。品質の良い機械器具という条件、金型が完璧性を維持している状態では粗悪品が出てしまう可能性は極端に低くできるメリットもあります。非常に豊富なカテゴリの商品を作り出せるものですが、事例の中には自動車用のパーツを製造する際にも活躍できます。自動車用の汎用パーツはガーニッシュやダクト、スポイラー系やドアガードやバンパーガードなど豊富なパーツが販売されています。

製造メーカーは常に新しいパーツのアイデアを商品化していることが多く、その時の流行に合わせて商品作りをしてます。樹脂製パーツが圧倒的に多い理由は自動車の汎用パーツの場合は両面テープで車体に取り付けを行う商品が圧倒的に多いので、軽量化と固定した後に落下する問題をクリアするために多用されている素材です。単に金型に材料を流し込んで製造をする方法もありますが、この製造方法では空気が混じってしまう問題や、圧縮する際にバラ付きが出てしまう可能性があります。射出成形では材料を溶かして噴射させる技法になることから、気泡の問題や品質の問題も全てクリアできることが特徴です。

金型を2枚準備することが必要になるものの、射出成形では製造工程において噴射後に冷却を行って自動的に金型から取り外す作業を行えるので、人件費の削減や不良品のロスをゼロにできるなど豊富なメリットも感じられます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする