プラスチックの射出成形とは

プラスチックはやわらかく、製造業では試作品を作るために用いられます。そんなときによく用いられる成型方法が射出成形です。プラスチック業界では非常にポピュラーな成形方法で、1つのアイテムの製造から大量生産にまで適しています。射出成形そのものも、難しいものではありません。

ペレットというプラスチックの粒をシリンダー内で熱し、型に流し込むというのが射出成形の主な作業です。プラスチックは200度から300度の高熱で熱することで、水あめ状にまで溶かすことが出来ます。その状態になったプラスチックを、あらかじめ作った金型に流し込みます。この流し込みの際には注射のように押し出しを行うため、射出成形と呼ばれているのです。

この方法で作られたプラスチックは可塑性に富み、肉厚のものから薄いもの、複雑な形のものまで自由自在に造ることが出来ます。スマホカバーや車のバンパーは、この方法で製造されたものです。電子製品の筐体などの大きなアイテムを作り出すことも出来ます。あらかじめ色をつけておきたいときには、ペレット状のプラスチックに添加剤や着色料を混ぜたコンパウンドを使用することも可能です。

こうしたプラスチックの射出成形は、主に試作品製造会社や加工会社、メーカーなどで行われています。近年は3Dプリンターも登場したことから、打ち合わせ後すぐに商品イメージを提出することも出来るようになりました。ただし大量生産となると、こうした成形が必要となってきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする