さまざまなアイテムを作る射出成形

試作品製造会社やメーカー工場は、どのようにして大量の商品を作っているのか知っていますか。商品の大量生産にはプラスチックが最適です。プラスチックはやわらかく、可塑性に富んでいるため加工しやすいというメリットがあります。近年は3Dプリンターなどで試作品製造を行うことも出来るようになりましたが、現在最もポピュラーな方法はプラスチックの射出成形です。

射出成形とは、柔らかくなったプラスチックを金型に押し込む際の注射のような形状から名付けられました。着色料などを使用すれば、色付きのアイテムを製造することも出来ます。加えて、金型を自由に変更することが出来るため、複数の形状を試作することが可能です。さまざまなアイテムを作り出す射出成形ですが、加工の際には細心の注意が必要となります。

まず、温度や圧力は一定に保たねばなりません。少しでも異なると、プラスチックが固まらないなどの不具合を引き起こすことになります。流し込むプラスチックの量も一定になるよう管理が必要です。さらに金型などにはゴミやホコリなどの異物が入っていてはいけません。

アイテムの形状に差分が発生してしまいます。このようにプラスチックの射出成形は便利なアイテム・試作品製造方法ですが、オペレーターは細かい部分まで注意を払う必要があるのです。こうした苦労の甲斐があって、射出成形は現在もさまざまなアイテムを作り出しています。自社で製造が難しい試作品は、こうした方法を熟知している加工会社に問い合わせると良いでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする