射出成形を使った製造方法のデメリット

射出成形とは石油を加工して作られた原料を高温で熱し、液状になったものを金型に注入して冷却すすることで、同じ形状の物品を大量に作ることができる方法を言います。現在では家庭でも一般社会でも実に多くのプラスチック製品を使うようになり、この射出成形で作られた物品が生活を潤してくれるのは間違いありません。ただし、この方法にもデメリットになる部分があり、この解決のために関係者は努力を続けています。射出成形のデメリットは形を作る時に金型を使いますが、これが永久的に使えるわけではなく、使い続けると劣化して寸法が必要になる製品では品質が落ちてしまうことでしょう。

金型は強度のある金属を主原料にしていますが、製造段階で高温高圧になる特性から、どうしてもその強度を維持できなくなってしまいます。また、完成した物品を取り出すには金型を動かさなければいけないことから、その衝撃も大きな問題点です。他にも使われる材料が石油を加工したものであり、資源が有限で二酸化炭素発生に大きく関係することも懸念されています。射出成形では石油そのものが消費されるわけではないので二酸化炭素はそこまで排出していませんが、やはり資源の枯渇を考えれば、別の素材を使った製造法が模索されても仕方がありません。

人間の生活を豊かで便利にしてくれたプラスチックですが、環境的な観点からもその利用が懸念されています。このプラスチック製品を作るために使われる射出成型成形も岐路に立たされていて、これからはただ作るだけでなく、環境や資源についても配慮した仕組みが求められていくでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする