射出成形はどのような仕組みなのか

現在の社会には実に多くの製品が溢れていますが、その需要に対して供給が求められているのは大量生産です。これは技術革新で人間が手作りで製作していた時代ではできなかったことであり、機械が製造の中心になったからだと言えるでしょう。特に同じ製品を繰り返して作る場合は製造工程を構築すれば後はメンテナンスをすればいいだけであり、企業側も大きく利益が求められるというメリットがあります。大量生産できたことで大きな恩恵を受けているのがプラスチックであり、今では日用品のような物品だけでなく、ペットボトルのような容器で使われる割合が高くなっています。

プラスチックのメリットは軽いのに丈夫であり、熱を加えることで簡単に変形できるので、作りやすいという点です。このプラスチックを製造するときに使われるのが射出成形であり、射出成形の仕組みそのものは技術が進んでも大きく変化していません。射出成形では原料を石油から作られるのがほとんどであり、これを化学的に処理して粒状にしたものをペレットといいます。このペレットを高温にすることで液状化し、それを金属で作った金型に注ぎ込んで冷却すると、金型で作られた形状のプラスチックが作れるという仕組みです。

ペレットは複数の材料を組み込むことで強度を増したり着色も自由自在であり、他の工法と比較しても簡単にできるので重宝されるようになりました。射出成形は近年のような便利な生活を支えるプラスチック製品を作るには欠かすことができない技術であり、これから技術が進歩すれば石油以外の物質でも使えるようになるでしょう。製造は国を発展するための根幹でもあり、その重要性は拡大傾向にあります。射出成形のことならこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする