プラスチック(樹脂)の試作の外部委託のポイント

プラスチック(樹脂)の試作は、様々な点で神経を使うものです。特に外部に委託する場合にはその情報の取り扱いに十分に注意をしなければならず、そのために依頼先の選定や情報の提供等は十分に配慮をして行うことが重要です。これを十分に配慮して行わないと、製品化前の製品情報が外部に流出してしまうことになり、様々なトラブルを生み出すことになるため注意をしなければなりません。プラスチック(樹脂)の試作を行う目的は、社内での様々な性能評価や機能評価のほか、製品の発表会などで顧客の反応を見るためにもよく利用されます。

特に顧客の反応を見るために製品を試作する場合には、その展示会で初めて顧客に見せることを前提としており、それ以前にその製品の情報が流出してしまったのではインパクトが半減してしまうばかりでなく、他社が事前にこの情報を入手し対抗する商品を発表すると言う問題が発生する場合も多いものです。プラスチック(樹脂)の試作を外部に委託する場合には、これらの点に十分に注意をしなければなりません。そのため信頼できる会社を選ぶことが重要であり、そのためにはその会社のこれまでの前例を確実に確認することが必要です。大手との取引が数多く存在していたり、さらには秘密保持に関して実績があるなど、その活動を事前に調査することが重要となります。

プラスチック(樹脂)の加工は近年ではそれほど技術力の違いがなくなっており、さらに最近では3Dプリンターを使用して制作することも多いため、あまり技術力の違いは影響しないものです。それよりも情報漏洩などの点に十分に注意をし、依頼先を選定することが大切です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする