プラスチック(樹脂)の製品の試作の重要性

プラスチック(樹脂)製品は実際に製造を行う場合には金型を作成し、これを使用して大量に生産を行うことになります。そのため途中で設計が変更となった場合などには金型が無駄になってしまうことも多く、これが製品コストを圧迫してしまうことにもなりかねません。そのため、プラスチック(樹脂)製品を開発する場合には、試作品を作り様々な確認を行うことが必要不可欠となっています。プラスチック(樹脂)は近年では様々な製品で用いられるようになっており、比較的安全に取り扱うことができることから最近では業務用機器にも広く用いられるようになってきました。

従来は業務用機器は金属の筐体で製造することが多く、一般個人向けの商品に比べその形状よりも性能が優先されることや、金属の筐体を使用することで電磁波の放出を防ぎ修理交換等の作業が行いやすいことなどから、これまで広く利用されてきましたが、安全性の問題から最近ではこれらもプラスチック(樹脂)のものへと変化しています。プラスチック(樹脂)の製品の試作を行うことで、開発途中の製品に対して様々な確認を行うことができ、金型を作る前にこれらの問題点を改善することでその費用を削減することができます。またこれをもとに様々なテストを行うことでその課題を改善した形で製品の製造を始めることができ、開発コストを大幅に削減することができる効果もあります。これまで試作を行うためには金型を作らなければならなかったため非常に高額となっていましたが、現在では3Dプリンターなども登場し気軽に制作することができることになっていることから、積極的に利用するケースが増えているのが特徴です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする