プラスチック(樹脂)の試作で重要なポイント

プラスチック(樹脂)製品の試作は、様々な用途で利用されることが多くなっています。近年ではプラスチック(樹脂)でその外形を形成する製品が多く、そのため試作を行うことでその形状の再現性や、耐久性を確認するということが少なくありません。また、製品を実際に製造する前に展示会などでそのサンプルを展示し、顧客の反応を確認することも重要なものであるため、プラスチック(樹脂)製品の試作は非常に重要な意味を持つものとなっています。しかし実際には製品として量産をする場合に比べ、様々な要素を含むことが多いことから、その手順には様々な注意が必要です。

まず少量だけ製造すると言うケースが多いため、社内で製造したのではそのコストが非常に高額になることから、外部に委託するということが多くなります。その場合には、コストを十分に比較するとともに、その製造技術を十分に比較することも重要となっています。外注先の製造技術によっては、十分に納得できる形状を実現できないこともあるため、この点は十分に意識をしなければなりません。また、プラスチック(樹脂)製品の試作を外部に依頼する場合には、まだ商品化されていない製品の様々な情報を外部に渡すことになるため、そのための秘密保持も十分に確認しておくことが必要です。

一般的には秘密保持契約を結び、これらの情報の取り扱いに責任を持たせることが重要であり、これらの工程を確実に行ってから、実際にデータを渡すことが必要となっています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする