プラスチック(樹脂)の試作の利用とその後の流れ

立体構造物を作るメーカーの中には、小物雑貨や文房具類、玩具類やインテリアグッズ、工業製品など幅広い分野で商品を作り続けていることは普通のことです。新商品を開発することもメーカーには重要な課題になり、売れると見込める新商品のアイデアが出れば、設計図を自社内で作成し製造をスタートすることが行われています。この一連の流れでは、設計図を最初に作成したとしても、実際に製造ラインに乗せると狂いが生じてしまう問題や、重大なミスに気付くことも少なくはありません。この場合は設計図の見直しをすることが必要とされますが、先に製造ラインに乗せる前に、プラスチック(樹脂)を使った試作品を製作する会社に依頼をする方法であれば、経費削減や無駄な時間を費やしてしまうことも無くなります。

プラスチック(樹脂)の試作会社では、メーカーから依頼された設計図通りに簡易的な金型を作って作成をしますが、制作は当日に終わらせている会社もあり、かなりのスピーディーさを実現しています。このことでメーカー側では即座に制作された試作品を確認することができ、修正すべき場所があれば無駄な資材を使わなくても設計図の書き直しをスムーズに行えます。この時点で万全と判断できた際には、金型を制作して製造ラインに乗せる方法で大量生産を可能にすることができます。プラスチック(樹脂)での試作品という表見では、他の材料を使う商品では使えないのではと考えてしまう可能性もありますが、金属製でも木製でもあくまで試作品になるので、形状や仕様などを確認するには十分に役立ちます。

更に複数回にわたって修正をする必要が出てきた際にも、自社で作るよりもリーズナブルな料金で何度も依頼できます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする