プラスチック(樹脂)の試作について

プラスチック(樹脂)を制作する場合、その工程の確認やプロセスを詳細に把握することが大切です。品質が十分なのかや無駄な工程が無いかなどをチェックすることで、良い品をリーズナブルに作ることができるからです。このためプラスチック(樹脂)の試作品を実際に作ってみて確認する方法が有効で、試作品を作ることでコストや期間・品質などを把握できるようになります。また少量生産してみることで、課題が見つかりブラッシュアップすることも可能になるでしょう。

プラスチック(樹脂)の試作品の流れとしては、対応可能な業者を探すことから始まります。インターネットや展示会などで入手した業者の情報から、問い合わせを行い要件定義されたものを提示し対応可能かどうかを確認することです。もし製品の情報を持っているようであれば、やり取りを通じて提供するのも良いでしょう。可能であれば3社ほどの業者を選択し、打ち合わせを行ったうえで実際の価格や納期などをすり合わせていくと効果的です。

もっともコストパフォーマンスが良い業者を選ぶためですが、期間が短ければ必ず3社選ぶ必要はありません。試作品の要件定義が固まったら、発注を行い納品を待ちます。納品されたら、実際にチェックして問題なければ量産化の打ち合わせへと進行していくのです。もちろんまずは限定的に販売をしてみて、売れると見込んだらさらに量産化していけば在庫不良などの問題は低減できるでしょう。

プラスチック(樹脂)の試作のことならこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする