製品版に向けて活用される試作加工

試作加工を行う際は、テスト作品でどのような部分を確認したいのかを明確にしておくことが大切です。テスト作品である以上、量産化を見越した完成品とは使用する素材自体が違う可能性があります。素材やデザインの差をあらかじめ念頭に置くことも重要でしょう。また、試作加工は複数の段階を経て完成版へと向かいますが、通常の場合は回数の制限なく何度も行えるものではありません。

製品化までにかけられる予算には限りがあり、時間やコストは重要な問題になるでしょう。いかに良いアイディアであっても製品版にたどり着くまでに膨大な手間とコストがかかってしまっては、テスト段階で計画が取りやめになってしまう可能性があります。計画の中断などを防ぐためにも、しっかりと予定を立てて試作加工を行いましょう。製品版を目指すにあたりどの部分が気になるのか、次回のテストで試すべき箇所はどこなのかといった点を洗い出しておくことで、より効率的に試作加工を活用することができます。

製品版は基本的に量産品となるため、試作加工の段階で使われた素材やデザインの差を考慮し、製品版が作成される際の条件を合わせてテストを行うこともポイントです。確認するべき要素をあらかじめしっかりと洗い出しておくことで、テスト作品を作ってくれる工場側にも事前に伝えることができます。問題点を明確にすることにより、計画のコストを抑えながらスムーズに進行することができるでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする