汎用パーツ用でも利用できる試作品の加工会社

自動車関連のパーツの中には、アフターパーツとしてプラスチックなど樹脂製の汎用パーツを製造販売する会社があります。自動車の場合は車検に適合していないとならないことは勿論のこと、装着した後に危険が生じるようなパーツも販売することはできたとしても、購入者が現れないことは当然です。汎用パーツはECサイトでもかなり多くのジャンルとアイテム数で販売されており、新しいアイデアや既製品の見直しでデザインや形状を変更するような際には、まずは試作品を加工する会社に依頼をすることで開発に掛かる経費を節約することができます。依頼をする前には自社内で設計図を作ることは必要なので、試作品を加工する会社側で対応をしている図面の形式で作成するだけなので依頼手順は簡単です。

仕上がった試作品は自社内で細かく点検をすることと、法律に抵触しないかどうかを実車に装着して点検をすることも欠かせません。この段階で問題がなければ金型メーカーに依頼をして自社工場内で汎用パーツを作ることができますが、もしも改善すべき部分があれば、図面を書き直して再び試作品の加工会社に依頼をすることを反復していくと、後に製品化した際に販売能力の高い汎用パーツを製造することができます。実際にどのような汎用パーツが試作加工に向いているかと言えば、ダミーダクトやディフューザー、ガーニッシュなどがあり、各種スポイラーも含めるとかなりのパーツを作り出せます。完成するまでの工程を加工会社を通すことで、時短を行いながら複数の汎用パーツの開発を同時進行させることも可能です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする