試作加工の活用でスムーズな製品化

一般に流通している製品は数々のテストを経て完成され、量産と販売に至ったものがほとんどです。消費者が製品を安全に使うためには試作加工が必須となっており、何度も繰り返し実施されるテストによって安全性や機能性を確認されます。ごく当たり前に売られている製品も、かつては試作加工の段階を踏み、さまざまなテストをくぐり抜けてきたものばかりでしょう。試作加工用のテスト作品を受注しているメーカーを選ぶなら、素材や工法、納期などの相談に乗ってくれるところを選ぶのが良いでしょう。

多くのメーカーは素材の提案なども行っており、3Dプリンターや射出成形を使用した工法で短納期での納品が可能などの強みを備えています。自社と相性が良いメーカーや、テストの計画と一致したスケジュールで短納期での納品が可能なメーカーなどを選ぶことで、スムーズに工程を進めることができます。試作加工は初期段階では機能や安全性のテストを繰り返しますが、後期になると量産を見越したものに移行するのが特徴です。テスト作品で使用している素材は量産用のものとは異なる場合もあり、期待どおりの生産性を維持できるか、実際の製品はどのように完成するのかといった点でも検討が行われます。

量産工程では計画に沿って量産が実施できるかどうかによっても、製品のコストは大きく変わります。試作加工を繰り返し、時間あたりの生産性を突き詰めることで、コストは変化していくでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする