プラスチック(樹脂)の試作で形状を確認

新しい商品の使用感や形状確認を行う時に、プラスチック(樹脂)で試作すると便利です。最近では3Dプリンターを使って完成度の高いものを簡単に作ることができるようになりました。業者に依頼しないでも自分で作ることができるので、費用を気にせずに気軽に作ることが可能です。試作の目的として形状見本であれば、素材がなんでも問題ありません、例えば持ちやすさや視認性の評価、他の製品との兼ね合いなどを、容易に確認できます。

3Dプリンターで使われるのは、熱可塑性のプラスチック(樹脂)などが多く、液状の状態で射出されてレイヤー状に重ねられて成形します。表面はあまりきれいではありませんが、大まかな形だけを検証するつもりであれば問題ありません。プラスチック(樹脂)の試作を作る時に注意すべきは、強度については信頼性がないということです。力がかかるような場所に使うと、変形する恐れがあります。

熱に晒されるような使い方もできません。そのため実際に使っているところでは、プラスチック(樹脂)での試作ができないケースもあります。そのためどうしても金属でなければ意味がないケースも考えられます。それを理解した上で、本当にプラスチック(樹脂)による試作が必要かを検討しましょう。

目的によっては、コストが見合わない場合もあり、必要ないものは極力作らないという考え方も必要です。ただし形状を確認するためであれば、問題なく利用することができます。プラスチック(樹脂)の試作のことならこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする