コストを抑えて試作加工を活用しよう

試作加工は製品を完成させるための問題点や課題を出しつつ、量産を目指すために活用されています。企業が完成品を販売するためには必要な過程ですが、いくつかの注意点があることを忘れないようにしましょう。一般的に試作加工ではコストが高くなりがちです。量産品は大量に仕入れた素材を使い、自社の工場によって生産するため、コストを低く抑えることができます。

しかし限られた素材で作られ、少量の発注をかけて作り上げた試作加工ではコストは跳ね上がります。何度も試作加工を繰り返すことによりコストはさらに高くなり、開発のために用意された経費を圧迫することになるでしょう。テスト作品の発注をかける前に問題点を洗い出すことで、発注の頻度を下げてコストを抑えることができます。テストを行う際は製品に負担をかける、耐久性を試すなどの試験も必要です。

実際に衝撃を与えてみないと判別できない問題についてはテスト作品に試し、それ以外は机上のシミュレーションで問題点を洗い出すのも良い方法です。すべての問題点をテスト作品で試すのではなく、必要とされるポイントを抑えましょう。もちろん販売するまでには安全面や機能性といったすべての問題点をクリアする必要がありますが、どの段階で問題を解決するかを検討することも大切です。必要最小限の回数に試作加工を抑えることで、より明確に問題点を絞り込むことができるでしょう。

また、データを見極めることで問題点が判りやすくなるはずです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする