試作加工で問題点を洗い出す

さまざまな企業がコンピュータによるシミュレーションを導入した昨今では、机上で精密な設計図を作り、製品の完成を目指す例も増えています。しかし実際に触って確認できるテスト品を作成する試作加工は、シミュレーションでは実施できないテストを行うためにも必要不可欠です。シミュレーションでは問題がなかった点でも、テスト作品を作ってみたら予想外の動きをしたということは数多くあります。最適だったはずの素材を使ってみたのに完成度が低くなった、予想以上に精度が落ちたといった事態も十分にあり得るでしょう。

いくら精密になったといってもシミュレーションはやはり机上の空論であり、手にとって触って確認できるテスト作品は必要です。試作加工はいくつかの段階を踏んで、ステップを進めていくのが通例です。初期段階では設計図からテスト作品を作った場合にどのような動きをするのか、安全性は確保されるのかといった問題点をチェックしていくことになるでしょう。機能性や安全面に問題が発見された場合、設計図を変更したり、違う素材を使ったりといった対応が求められます。

ステップが進んだ次の段階の試作加工では、量産化を見据えてテスト品を作ります。ごく少数のテスト作品を作る段階の試作加工とは異なり、実際に多くの数量を作ってみて量産化に耐えられるかどうかの確認を行います。量産した場合の時間あたりのコストや費用なども、試作加工によってチェック可能です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする