プラスチック(樹脂)は試作にも役立つ

一般に流通している製品は、さまざまなテストと確認を経て販売されています。多種多様な素材を使って行われる試作にはプラスチック(樹脂)を使ったものもあり、製品の完成に役立っています。机上の設計図に過ぎなかった製品を現実化するためには、具体的な素材選びや部品の作成が必要です。テスト作品とはいえしっかりとしたものを作らなければ、顧客が実際に使用する製品の安全性を確認することはできないでしょう。

試作にはプラスチック(樹脂)などが使われることが多く、メーカーによっては3Dプリンターを使って出力を行います。プラスチック(樹脂)の試作品は複雑な形状でも対応できるなどのメリットにより、多くのテスト作品に活用されています。また、プラスチック(樹脂)は試作にとどまらず、実際の製品でも多用される素材です。テスト段階から使用することで、完成版の使用感を確認することができるでしょう。

3Dプリンターの出力に対応できる、精度の高いテスト品を作成可能などメリットも多い一方、取り扱いやすく、多用な形状への整形が可能です。プラスチック(樹脂)による試作は量産化を目指して行いつつも、射出成形などと組み合わせて利用するのが便利です。テストがどのステージにあるのかによっても、必要とされるテスト品は異なります。設計図から組み立てを行ったばかりなのか、すでに大量生産を見据えた段階にあるのかによっても使用する素材や成形方法を変えると良いでしょう。

プラスチック(樹脂)の試作のことならこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする