メーカーが製造する時に用いる金型

メーカーが商品を大量生産する時に欠かせないのが金型です。金型を当ててその形の製品を削り出すイメージで、それがなければ機械でも何も作れません。新しい商品を作りたい場合にはまずその金型が必要になる訳ですが、金属の完成品なのでちょっとした修正などは出来ないのが難しいところです。つまり試作を繰り返しながら金型もバージョンアップさせていく、というやり方ではお金が掛かって仕方ないのです。

試作の段階ではコストの安い木材や発泡スチロールなどで修正しつつ作っていきます。実際にその強度では難しいものだとしても、金型を何回も作るよりはましだからです。研究開発段階でメーカーはそういった流れで試作を繰り返し、これで大丈夫だろうというタイミングで次の流れに行くのです。もちろん、おもちゃでも生活用品でも新しい商品なら売れるという訳ではありません。

しかし今現在不便だと感じている人の多い部分に、ビジネスチャンスが眠っていると考えてメーカーは日夜努力しているのです。おそらく考えなければならないのは先人達の努力で、これまでに無数の製品が開発されてきました。その中で淘汰が進む、現在広く使われているものはそれだけ便利でコストパフォーマンスも良いのです。新商品というものはそれらの製品に対抗出来なければならないので、新しいものを考えるというのはそれだけ大変なのです。

近年生み出された新技術などから発想を得ると、勝てるアイデアが生まれるかもしれません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする