金型を製造するメーカーは十分な精密性を発揮します

全国各地で営業をする金型のメーカーは、6、000社を超えているという統計がありますが、日本国内で古くから創業している老舗メーカーが多い中、昭和の時代のプラスチックの加工法が進化した時代に会社を設立して現在に至っているメーカも数多く営業をしています。この業界の企業は自社製品を製造販売するのではなく、基本は金型製作の受注があって初めて仕事をする業種になるので、顧客を確保するために営業スタッフが活躍をしていることも大切な仕事です。他の製造メーカーでは、新商品を開発する度に金型を必要とする業界があり、プラスチック製品を多数製造するメーカーや、金属材料を流し込んで使う用途、射出成型で物作りをする際にも2枚1組の金型を作る必要があったり、菓子類のメーカーの工場でも採用されています。他の商品を製造する企業でも、常に新商品を開発していかないと時代に追い付けない問題と、同じ業界で取り残されてしまう問題もあることで、需要は決して少なくはありません。

主な仕事の流れは、顧客企業から設計図を受け取り、製造方法や用いる金属の種類などを選定します。その際には細かな要望があれば柔軟な対応を取ることと、それとは逆に不可能な設計であれば見抜く力も優れているので安心して任せることができます。世界的に見ても日本の金型は品質が良いことでも知られており、自動車関連や家電製品でも採用されている分野なので、精密性においては世界でもトップクラスです。多くの企業で1ミリではなく0.1ミリよりも低い超精密性をお約束する企業があるように、依頼す会社側は初回の設計図に誤りが無い限り、1度の発注で済ませられる完成度の高さを感じ取れます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする