金型メーカーはどのようですか

金型とは素材の流動性などの性質を利用して成形加工し、製品を得るための型を言います。その具体例としては自動車のボディーは金属板をプレス用のそれで成形加工することで作られるし、スマホなどの樹脂製品は、プラスチック用のそれを射出成形することにより出来上がるのです。このように金型の品質の良しあしが製品の品質を決めると言っても過言ではなく、金型の種類は多くてプレス用、鍛造用、鋳造用、ダイカスト用、プラスチック用、ガラス用、ゴム用、粉末冶金用に分かれていますが、多くの製品を作る際にはプレス用とプラスチック用のものが使用されているのに対し、鋳造用のものは次第に減少傾向にあります。かつて金型にかけては日本のメーカーが世界一を誇っていましたが、現在は中国がトップに立ち世界中にそれを供給している国になってしまいました。

日本の企業も以前は国内メーカーに委託して作成していたものを、次第に人件費が安くて済む海外のメーカーに委託するようになりました。国内の金型メーカーは大部分が零細や中小企業なので、企業からの受注が途絶えてしまうと資金繰りが苦しくなり会社を畳んでしまったところも少なくありません。今や日本のモノ作りの方向転換をしなければならない時期にきています。今後は人工知能(AI)やモノのインターネットなどの新技術を取り入れて、技術革新を行っていかなければ世界の趨勢から取り残されてしまいます。

また海外進出にも目を向けていくことも大切だと言えます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする