金型メーカーは精度が何よりも大事

金型は、金属製の部品やプラスチック製品などを大量に生産する際、その原型ともいえる部分をあらかじめ製作しておき、そこに金属板やプラスチック樹脂を流し込むことで、部品生産を可能にします。金型は一度に大量の物を生産するため、そこに求められる精度は極めて高く、メーカー側はそこに何よりも重点を置いて製作にとりかかることが必須となります。メーカーにとって、顧客に納入する金型は失敗や不具合が許されるものではないため、細心の注意と高度な技術を駆使して生産にあたることが求められます。かつての金型メーカーでは、職人と呼ばれる人の知識・経験・ノウハウを駆使して生産にあたってきました。

しかし、現在では、マシニングセンターやNC旋盤等のコンピュータされた生産機械が多数揃っているため、職人技を求める機会は減少傾向にあります。今日では、金型の生産には設計図を基にして、いかにコンピュータ制御された機械を駆使し、短時間で効率よく生産にあたるかがカギとなっているのです。そのため、メーカー側が求めるものはコンピュータを理解し、そこに電算化された数値を間違いなく入力、決められた工程の中で手際よく物事を進めることができる人材へと変化しつつあるのが実態と言えます。時代は刻一刻と変わっており、かつての熟練工が技を求める生産方法はあまり見られなくなりました。

しかし、いつの時代にも不変なものが存在します。それは、良いものを作り出そうとする人の心です。この精神をメーカー側が持ち続ける限り、日本の製造業は今後も安泰であると考えられます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする