製品版との差を考えた試作加工を実施しよう

試作加工を繰り返し行うことで、製品をより理想の形に近づけることができます。実際に製造ラインに乗り、大量生産された時にコストに見合うのか、性能に差はないのかといった細かな部分まで繰り返しテストを行うのが試作加工の特徴でしょう。企画段階から離れて机上で設計を行い、材料の選定や初期の試作加工を行い、テストを繰り返して製品化へと進めていきます。設計しただけでは製品は完成しません。

机上では上手くいっていた製品であっても、実物として作り上げてみたら上手く動かなかったという例も多々あります。繰り返しのテストは高品質な製品を作り、生産していくために必須となる工程です。繰り返し行うことが前提の試作加工ですが、あらかじめ製品版との差を考え、課題を出しておくことでスムーズに進めることができます。また、テスト段階のものと製品版との違いについても、事前に意識しておく必要があるでしょう。

例えば試作加工で使う材料と製品版の材料の差や、稼働する環境なども考慮したいポイントです。できる限り同一の材料でテスト製作を行いたいところですが、コストの問題などで実現しない可能性があります。こういった場合には材料の差を明確にしておくことで、公平な評価を行うことができるでしょう。また、材料はできるだけ製品版と近いものを揃えた上でテストを開始するのがベストです。

製品版との差をなるべく縮めることにより、正確な結果を得ることができます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする