新しい製品の試作品の製作を引き受ける便利な加工会社

小物雑貨から数々の日用品、キッチン用品や文房具、玩具やインテリアグッズなど身近な商品や、家電品や自動車パーツなど大きな製品を新開発するメーカーが多数営業をしています。ジャンルを問わずに物作りを行う現場では、新商品を開発するために日夜アイデアを考えて提案し続けることを行っています。メーカーにとっては生命線になるので開発は重要な業務になりますが、ゼロから作り出す新商品の場合は、事例が無いことで自社でいきなり製造ラインを作ってしまうと、後から無駄に終わってしまうリスクがあります。リスク回避には役立つ企業があり、試作品を加工して製造することを受諾する企業が該当しています。

企業によって得意分野が異なる可能性はありますが、このような企業では自社工場を稼働させていることと、あらゆる資材や原材料を在庫にしていることで、依頼者となるメーカーからの設計図などを確認し、簡易金型などを用いて試作品の加工を行えます。1つの試作品に対して設計図を起こして最適な製造方法を見い出すこと、実際に加工をしてみて完成後には依頼した企業へと送り届けています。そのため料金は高めになるものの、初期投資の一歩手前の段階として考えた場合は、利用価値は非常に大きいことがメリットです。製造工程も理解することができるので、完成品を確認しながら改善点などがあれば無駄を省いて再度依頼することを繰り返す中で、最終的にな完成度の高い製造方法を見い出せます。

この段階に入った際には、自社工場で製造ラインを組むことができ、スムーズな製造を行えるように適合する加工器具も設けることで販売能力の高い新商品を世に送り出すことが可能になります。加工の試作のことならこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする