プラスチック(樹脂)加工の試作について

ここでは、プラスチック(樹脂)加工の試作について説明します。圧縮成形は、熱で溶かしたプラスチック(樹脂)を金型に流し込み、冷却固化することで樹脂品をして方法です。実は射出成形は着次の5つの工程に判断されています。これは、型を固る・樹脂を型に流し実施・硬化する・型をする・製品をする・この5つの工程を取ります。

PlaQuickは、射出成形のプロトタイプのアルミニウム金型を使用可能です。金型ベースを共有し、オンラインの機械加工をし、価格は約30万円くらいです。プラスチックは、プラスチック(樹脂)試作品を完成します。NC旋盤やマシニングセンターで板材や丸棒を加工する方法です。

特徴は、高い寸法精度と互換性のある材料です。そのため、汎用樹脂からエンジニアリングプラスチックまで多岐にわたります。また、形状がシンプルであれば、3Dプリントよりも低コストで製造可能です。またこの3Dプリントは、大型商品にも使用できます。

試作品の金型および「ナイロンレジンキャスト」シャツの工法は、物を得るためのナイロンレジンキャストの使用は何でしょうか。ナイロンゴム鋳物は、シリコーンゴム型にナイロン樹脂を流し込んで作られています。私たちが提供するレジンキャストはイエスであり、実際にプロトタイプと言えます。このように、プラスチック(樹脂)加工の試作については、間違いのないように様々なタイプの方法を考慮して選ぶことが重要です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする