プラスチック(樹脂)の加工品の試作について

プラスチック(樹脂)の加工は、金型の出来栄えを確認するための試作品作りから始まります。金型は、材料を流し込んで形を作るための重要な機材であり、図面で要求される寸法を満たすよう設計および製造が行われます。しかし、設計図通り金型が完成しても、材料がどのように流れるのかプラスチック(樹脂)加工を何度も繰り返して確認することが大切で、量産になるまでの試作品作りはかなりの期間が必要になります。材料が金型に入るときの穴のことをゲートと呼びますが、ゲートは1か所だけでなく数か所に設けてあることも多く、試作品を作りながらゲートの数や位置を変更することも少なくありません。

このゲートから入った材料は、部品を形どる部屋のような場所までランナーと呼ぶ材料の通り道があり、ランナーの数や流すルートなど試作品を作りながらプラスチック(樹脂)加工品の良品ができるまで繰り返されます。良品というのは、図面で要求されている見た目や寸法など様々な要件がありますが、不良品の中には見た目が悪いものも含まれます。材料の流れが悪いと一部に材料が回らずに変形してしまうこともありますし、寸法そのものが図面で要求されるものではないケースもあるわけです。寸法がマイナス方向にずれたときには、金型を盛る作業が発生する、逆に寸法がプラス方向にずれたときには金型を削る作業が発生するなどプラスチック(樹脂)加工の良品ができるまでには金型の改造が求められます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする