プラスチック(樹脂)の切削

プラスチック(樹脂)の切削について説明します。プラスチック(樹脂)を切断することにより、多種多様な小ロットの測定器・自動機・医療機器・水処理装置の工業部品、製品カバーなどに対応できます。POM・PVC・MCナイロンなどのさまざまな加工材料・ABS・フェノール樹脂・PTFEをご用意しております。材質によっては、接着(溶接)・彫刻・熱曲げなども可能です。

穴あけ機(ボール盤等の穴あけ)、旋盤(回転による丸み付け)、フライス盤(水平移動による平面切断)、研削盤(砥石等を使用)、または上記のシングルNC(数値制御)機械・複合数軸のマシニングセンターマシン、表面仕上げ機(バフ/バレル)の研磨、スライスおよび切断用の切断機を使用して処理されます。単純な平面加工には、ウォータージェット加工(水圧で切削)、プロッターの切削加工などがあります。これらは型を必要とせず、正確であり、一体から製造および製造することができます。数量が大幅に増加したり、コストが高いために難易度が高い場合は、適さない場合があります。

プロトタイプの場合、ステレオリソグラフィー(光硬化性樹脂・エポキシ・ウレタンなど)で確認できます。プロトタイプの金型でも、プラスチック(樹脂)の金型は数十万の多額の予算を必要とすることが多いため試作時に機械加工や光造形を行うことが望ましい。平ワッシャーなどの単純な形状の場合は、金型の製造・抽出を行っております。金型は樹脂のように硬いので使用しますが、合板の場合もあります。

構造がシンプルなため・型抜きコストは数千円から約10万円と考えられます。場合によってはさらに高価になることがあります。ただし1日あたりの作業量が多いため(材料費が安い場合)、かなり安価です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする