プラスチック(樹脂)を切削する場合の注意

プラスチック(樹脂)を切削する場合に問題となるのが、いわゆる削りカスと言われるものです。基本的に金属の場合には細かな粉となることが多かったり、またドリル等の場合には硬い切りクズが発生することもありますが、基本的にこれらは材料からの離れが良く、切削加工に邪魔になる事はありません。しかし、プラスチック(樹脂)の場合にはこれらが材料に付着したり、また工具に付着することが多いため、これが大きな抵抗を生んでしまうと同時に、本来の加工精度に影響を及ぼすことになるため注意が必要です。プラスチック(樹脂)は金属や木材に比べると柔らかく粘り気があるため、切削した部分が材料から離れにくいと言う性質があります。

同時に柔らかいために工具の刃の部分に付着し、その切削能力にムラを与えてしまうことになります。これに気づかずに作業を進めてしまうと、表面が乱れるとともに削ることができない部分が生じることになり、仕上がりが非常に汚くなってしまうと言う問題が発生することも少なくありません。プラスチック(樹脂)の切削加工を行う際には、切りくずの問題に十分に注意をすることが必要です。そのため、こまめに切り傷を取り除くとともに、表面の状態を確認しその状況によっては作業の方法を変えるなどの対処を行うことが必要となってきます。

また状況に応じて工具を交換することも大切であり、金属などの場合に比べて細かく状態を確認しながら作業を行うことが、重要なポイントとなります。プラスチック(樹脂)の切削のことならこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする