プラスチック(樹脂)製品の成型における基本

様々な製品に用いられているプラスチック(樹脂)は、用途に応じた様々な加工・成型がされています。プラスチック(樹脂)成型加工手順として、その製品の機能性の検討をしたうえで、材料となる者を選定します。素材が決定したら、軽々方法について検討していき、金型を製作するのです。金型ができたら成型し必要に応じて二次加工の過程を経て、プラスチック(樹脂)製品が製造されていきます。

押さえておくべきポイントとして、どのような用途で使うのかというような仕様を固めていきます。日用雑貨として使用するのか工業製品で使うのかでも、見た目や耐久性が変わってくるので注意が必要です。形状でも棒状の者だったりフィルムやシート状の者でも変わってきますし、着色や透明度なども入れていくとまさに無限大といえるでしょう。耐熱性や耐酸性を必要とするものであれば、それらの環境に強い素材を選ぶ必要もあります。

大きなカテゴリーとしては、「強度」「寸法」「外観」機能性」「使用環境」などで素材の選定を絞り込んでいきます。なお今までの説明はプラスチック(樹脂)製品単体での説明ですが、キーボードやマウス・基盤などのような金属と組み合わせるような利用方法の場合は追加の検討事項が必要になります。電気に対する絶縁性や薬品に対する耐性、産業廃棄物となる際の安全性などについても確認する必要があるのです。金属以外にもセラミックや有機化合物との組み合わせもあるので、その際は別途項目をチェックします。

プラスチック(樹脂)の成型のことならこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする