歩合給制でも残業代を請求する方法があります

会社員として勤務をしていて、特に営業職に多く見られる給料の規定としては歩合給制などに設定されていることがあります。

商品等を販売した分だけ多くの収入を得ることができる内容になり、販売実績を多く持っている方であれば高収入を得ることも不可能ではありません。この働き方に関しては問題が生じてしまう可能性もあり、残業代の請求などを事例にすることができます。

一般的な解釈の場合では歩合給制で働いている場合では給料に全てが含まれていると解釈することもできるので、長時間にわたって働いている方の中には諦めてしまっている方も多いものです。実際には歩合給制であっても残業代を請求することは不可能ではないので、本人の勤務している状態などを改めてチェックしてみることが良い方法です。

この働き方を行っている場合でも何時間でも勤務して良いとは言えない部分があります。特に売り上げをアップさせるために毎日深夜まで残業することが必要に感じてしまっている場合などでは大きな問題になる可能性も否定できません。

会社側からすると歩合で働いている分、時間に制限なく使用できると誤解している場合も見られますが、過剰に残業をしている場合で、会社にとって必要な残業と認められる場合では残業代を請求することができます。

その方法に関してはタイムカードなどで細かくチェックすることになり、残業を行った日に関してはその動機や経緯などを明確にしておく方法で歩合給制でも残業代を請求できる要件になる場合が多数あります。諦めずに弁護士などに相談してみることも一つの解決策です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です