固定残業代制と残業代の請求

固定残業代制で働いている人の場合、残業代は初めから給料に組み込まれているのでそれ以上の手当てはどんな場合でも一切請求できないものと思っている人が少なくありませんが、これは正しくありません。

固定という言葉に会社側のみならず働く人の側も惑わされているようで、ちょっと適切な言葉ではないかもしれません。これは、より正確に言えば一定時間内固定残業代制とでも呼ぶべき制度です。つまり、取り決められた時間までの残業であればその分の残業代は確かに固定です。変わることはありません。

しかし、その時間を超えて残業をしたときには決して固定ではないのです。超えた部分については追加で支払われるべきものですし、もし支払われていなければ請求することができます。ここで取り決められた時間というのは労働契約か何かに書かれているはずですから、もし分からないようであれば確認しておきましょう。

どこにも取り決められていないし、会社に聞いても曖昧な答えしか返ってこないという場合は固定残業代制の制度そのものは適切に運用されていない可能性が高いです。時間数は明確に決めておく必要があるからです。なお、上にも書いたように、この制度は一定時間内であれば残業代が固定になるという仕組みです。

つまり、残業時間数がその一定時間に満たない場合であっても固定部分は全額請求できるということです。もし時間数に応じて減額されているのであればそれも制度が適切でない可能性が高いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です